ネズミの被害を防止する!ネズミ駆除はプロに依頼するのが一番!

私達の生活においてネズミの存在は比較的身近です。しかし、家にネズミが住みついてしまうと、暮らしに様々な悪影響が出るだけでなく、人間の体にも害を及ぼす恐れもあり、被害を放っておくことはできません。ここでは、被害を及ぼすネズミの特徴や自分でできる対策と共に、プロに依頼するメリットをお伝えします。

ネズミの生態とは?

大阪 ネズミ駆除

日本には、10属27種のネズミが生息しています。その中でも、一般的に「家ネズミ」と言われているネズミは、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種が挙げられます。この家ネズミは、ビル、家屋、その周辺に住みつき、人間の生活に様々な被害を及ぼします。 ネズミというのは、硬いモノをかじる習性があります。そのため、食べ物はもちろん、建材、家具、電気、電話の配線など、様々なモノもかじります。それが原因となって、電気設備を故障させたり、火災を起こしたり、暮らしに被害を与えます。また、ネズミの糞や尿というのは屋内や製品などを汚染し、ネズミやネズミの巣には吸血性のダニが寄生や繁殖しています。大発生したダニは、巣から離れて家の室内に侵入してしまうので、ダニに吸血されるなどの二次被害も人間に及ぼします。その他にも、病原体や寄生虫を媒介して、食中毒の原因などにも繋がります。

家ネズミの種類と特徴とは?

ドブネズミ
ドブネズミといのは、本来、中央アジア一帯の沼沢地に生息している野ネズミです。家ネズミの中で最も大きい体をしており、体長は約22~26㎝となります。毛色は、背面が灰褐色、腹面は白色、尾は淡灰褐色で太めで体長より短いです。クマネズミとは異なり、手足の甲は白っぽい色をしています。雑食性であり、人間の食料、残飯、昆虫、草などを食べて生活しています。また、泳ぎが得意なので、建物の地下、外周の植え込み、下水道の汚水枡の中などで生活していることが多いです。ドブネズミは、どう猛で人を恐れることがなく、逆に、人を噛むことがあります。平均寿命は約3年と言われており、生後3ヶ月目から生殖可能で年間約5~6回子供を産みます。
クマネズミ
クマネズミというのは、家ネズミの中で中型でスマートな体をしています。体長は約18~25㎝となります。ドブネズミよりも体は小さいですが、耳が大きいのが特徴です。雑食性ですが、植物性のものを好んで食べます。建物内の壁裏や物陰などに、ビニール片や紙くずなどを集めてねぐらを作って生活しています。登る能力が高いので垂直行動を取り、配管や配線を伝って自由に活動します。平均寿命や繁殖率はドブネズミとほぼ同等です。また、殺鼠剤さっそざいに抵抗性をもつクマネズミが最近出てきています。
ハツカネズミ
ハツカネズミというのは、家ネズミの中で最も小さい体のネズミです。体長は約6~10㎝となります。性格が穏和で警戒心が低く、食性は主に食植性です。本来、農村環境に生息しており、農作物や貯蔵穀物を食害するため、積みワラ下、耕作地、河川敷などの草むらで生活しています。また、備品荷物の隙間に潜伏していることもあり、荷物搬入の際に畜舎や倉庫などへ入っていきます。平均寿命は約1年半程度、生後2ヶ月目から生殖可能で年間約6~10回子供を産みます。

ネズミによる被害とは?

大阪 ネズミ駆除

ネズミによる被害で、まず挙げられるのが病原菌の媒介です。ネズミの排泄物は様々な病原菌を持っているのですが、ネズミが走り回ることであらゆる場所に菌をまき散らします。その結果、たとえば、菌が食べ物に付着して、菌が付着した食べ物を人間が食べることで食中毒を招くこともあります。また、ネズミの特性として、屋内の柱、壁、家具などをかじる習性がありますが、屋内の電気配線をかじられたことが原因で、火災や漏電に発展する恐れもあります。高齢者や赤ちゃんが直接ネズミに噛まれることもあり、噛み傷から菌が体内に入って高熱が出るケースもあります。さらに、ネズミの体にはダニやノミなどが多く寄生しているのですが、ネズミから離れて人に吸血することがあります。その結果、ネズミに寄生していたダニやノミによる菌感染に繋がることもあります。他にも、ネズミの悪臭、走る音、不潔感など、人間の生活にとって深刻な被害は多々挙げられます。

自分でできるネズミ駆除の基本とは?

大阪 ネズミ駆除

エサを与える環境を作らない

ネズミが人間の家に入り込む最も大きな理由は、食べ物があるからです。なので、ネズミのエサとなる食料品は、全て蓋付き容器に入れて保管しましょう。ネズミは噛む力が強いので、野菜や果物以外の食品にも注意が必要で、薄いビニールや紙のパッケージなどであれば簡単に破ることができます。袋に入っていても危険なのでしっかり管理しましょう。食料品の他には、生ゴミ・食べカス・残飯・ペットフード・仏壇のお供え物・植物などもネズミの食料です。すぐに撤去するか、食べられないよう管理するかの対応が必要です。基本的に、ネズミは飢えに非常に弱いので、約1〜3日程度エサにありつけない場合は餓死します。エサを食べていない状態では、ネズミの運動能力や警戒心も弱まるので、駆除グッズにも引っかかりやすくなります。

ねぐらを作らせない

家を綺麗に掃除して、ネズミのねぐらの材料にされそうなモノは撤去して下さい。基本的に、ネズミはどんなモノでも自分のねぐらの材料に使いますが、人間の家にあるねぐらでは、ダンボール・新聞紙・ティッシュ・布類・布団の綿・ビニール袋など、どれも保温性のある暖かいものを材料にしています。ネズミは繁殖するために暖かいねぐらを作ろうとするので、家に放置されている紙きれ、布きれ、ビニール袋などはしっかり撤去しましょう。

道を作らせない

ネズミの侵入口というのは、主に穴です。なので、穴があるとネズミの通り道になってしまいます。穴には、窓の隙間、エアコン導入口、換気扇、床下の通風口、床下、ひさし下の隙間、基礎の隙間などが挙げられるので、これらの穴を塞ぎましょう。この際、ラットサインがあるか注意して見てみましょう。ラットサインとは、ネズミの活動場所を示すサインで、壁に付着したネズミの汚れ・糞・足跡・かじり跡などが代表的なサインに挙げられます。ラットサインがある場所というのは、ネズミの活動場所や行動経路なので、ネズミ駆除の重要なヒントです。ネズミが侵入していそうな場所があれば、小麦粉や片栗粉などまいておくと足跡が付いてより特定しやすくなります。



駆除に困った際はプロに頼むのが一番

いざ、自分でねずみ対策を行ってみようと思った際に、家にモノが多くて片付けが難しかったり、侵入経路が分からなかったり、手に負えないことは多いです。もし、このような場合には、自分で完全にネズミ駆除を行うことはできないですよね。一度、対策を試して、「自分では限界がある」とお悩みの方は、ネズミ駆除のプロに相談するのが一番早く解決できる近道です。

ネズミ対策・駆除を専門家に相談するメリット!

大阪 ネズミ駆除

人間の家の中で、ネズミが床下、屋根裏、天井裏に住みついてしまうと、被害が深刻になる恐れがあります。屋内の木材をかじる、排泄物で室内が汚れるなど、生活に悪影響が出てきます。また、人体に害を及ぼす病原菌、ダニ、ノミもネズミが運んでくるので、健康面でも被害が及ぶ可能性があります。こうしたネズミの被害を受けないためにも、対策や駆除は必ず行いましょう。もちろん自分ができる対策もありますが、確実にネズミ駆除したい場合には、プロの業者に依頼して完全に駆除するのが賢明です。
プロのネズミ駆除サービスでは、ネズミ駆除に詳しい専門知識を持ったスタッフが、ネズミ捕獲から駆除まで全て行ってくれます。対象建物の周辺環境や被害状況などもしっかり調査し、その上で作業内容を提案してくれます。また、駆除や捕獲はもちろん、ネズミが侵入しづらい環境づくりも一緒に提案してくれるので、ネズミを寄せ付けない環境を実現します。



まとめ

ここでは、被害を及ぼすネズミの特徴や自分でできる対策と共に、プロに依頼するメリットをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
住まいに被害をもたらすネズミは、家に住みついてしまえば害獣でもあります。自分でどうして良いか分からない、手に負えないなど、ネズミ対策や駆除でお困りの方は、プロに依頼して確実にネズミを駆除しましょう。